ネットでも買える「笠松けいば」

笠松けいば インターネット投票 オッズパーク
笠松けいば インターネット投票 楽天競馬
笠松けいば インターネット投票 IPAT

本日の出走表

編成日に更新

開催日程(年間・四半期)

選定時に更新!遠征馬情報

笠松けいばの動画はこちら!

kasamatsukeiba twitter

笠松競馬場ストリートビュー
笠松競馬場ストリートビュー
マックルV動画コンテンツへ
マックルV動画コンテンツへ

岐阜県地方競馬組合

〒501-6191

岐阜県羽島郡笠松町若葉町

12番地

TEL.058-387-3278

FAX.058‐387-0974

info@kasamatsu-keiba.com

笠松グランプリの結果

 本日のメイン競走は、笠松けいばの大一番!今回で10回目をむかえた地方全国交流・笠松グランプリ(SPⅠ)競走です。今年の笠松グランプリも好メンバーが揃いました。中でも大井のゴーディー号は、アングロアラブ(アア)イケノエメラルドの産駒で、東海地区の皆様からは、『懐かしいなぁ。』という声が聞こえてくる程、玄人ウケするアラブの名牝でした。その産駒のゴーディー号が1番人気に推され始まった笠松グランプリ。

 レースは、クリスタルボーイと船橋ケンブリッジナイス、そして前年度の覇者、エスワンプリンスの3頭が逃げ、4番手にゴーディー、その後ろノゾミカイソク、浦和のジョーメテオ、トウホクビジンと続き、タッチデュール、バンダムミュートス、金沢セイカアレグロで向正面。激しい先頭争いの3頭を3コーナーで大外から一気にまくってきたのは、ジョーメテオ!そのまま先頭にたつと、ゴールまで押し切りました。

 第10回笠松グランプリを制したのは、浦和ジョーメテオ号(小久智厩舎)鞍上は、笠松の名手!東川公則騎手でした。

ジョーメテオ号

父ネオウニヴァース

母ジョーセクレタリー 母の父トニービン

馬主:上田 けい子 氏 調教師:小久保 智

 【東川公則騎手のコメント】

「本当に馬が強かった(というのが感想)です。パドックで初めて乗ったのですが、馬もおとなしいですし、返し馬も凄く素直で、感じの良い馬だなぁって思いました。レースは、『出たなりな感じでいいから、行けって言ったらそのまま行ってください。』という指示をいただいていたので、その指示どおり騎乗しました。(後ろからあがってくるときの脚について)久しぶりの感触でした。キレが凄かったです。(期間限定騎乗等で)小久保先生にもお世話になっていたので、少しは恩返しできてよかったです。ジョーメテオは、8歳ですけど、まだまだ若いので、これからも応援してあげてください。」